値段的には注文住宅よりも建売住宅の方が良くも思える

値段的には注文住宅よりも建売住宅の方が良くも思える

とりあえず新築の物件で注文住宅でないとすると、まず考えられるのは建売住宅だ。

よく郊外へ行くと同じような家の並んだ区画があって販売中の看板が並んでいたりする。

これも場所や間取りによって金額はいろいろだが、土浦で見ると安い所なら1400万円台でも物件が出ている。

中には安い注文住宅より高い物件もあったが、少し見た限りでは全体的に建売の方が割安な家が手に入るようだ。

もっと調べると、やはり住宅販売会社によってもいろいろと相場やグレードが違っているようで、中には1000万円程度で建つような家もあるということだ。

だから値段を重視して外観や造りにこだわらなければむしろこの方が簡単かもしれない。

それに、建売住宅でもある程度内装などの変更は利くようだ。

家はどちらかというとフローリングより畳の方がいいと思っているが、例えばフローリングを畳敷きに変えることもできるらしい。

ある程度のカスタマイズができるのであれば、無理に注文住宅にしなくても建売でいいような気もしてきた。

ただ、建売住宅のデメリットはやはり家があくまでも出来合いだということだ。

家と土地がセットで販売されるからその分安くなっているわけだが、注文住宅のように好きなところに好きな家を、というのができない。

住む場所にしても、建て売りならどうしてもそういう住宅が集まったような感じの場所になってしまう。

ちょうど仕事で行くあたりにも建売住宅が並んだ地域があるが、個人的にもあまりああいった場所に住みたいような気がしない。

場所が限られているからか、他の分譲地を見ても家がせせこましく並んでいるように見えて意外と窮屈そうに見えてしまう。

しかも、庭にあたるスペースもあまりないようで、家の前に少し場所があってもほとんどコンクリートで固められたような感じの物件が目立つ。

特に家内は一戸建てに住んだら庭で家庭菜園をしたいと意気込んでいるので庭のない物件や駐車場しか備えていないような建売住宅には興味がないようだ。

そうなるとやはりまた注文住宅の方に戻ってきてしまうわけだが…


Comments are closed.